トップページ

    このサイトでは高級車の査定額を比較して高く売るためにおすすめの一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「高級車の査定相場を比較して高く買い取りをしてくれる業者に売りたい!」と感じている場合はこのページで紹介しているおすすめの一括査定サイトを利用してみてください。

    高級車を高く売るためにやるべきことは「複数の車買取店で査定の依頼をして査定額を比較する」ということです。1つの業者だけとか近所のディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。

    中古車の一括査定サイトならサクッと入力完了するのでカンタンです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することが可能なので、自分で1社1社調べるよりも高級車の査定額を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社に高級車の査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    勿論、全国対応で使うのはタダ。

    「高級車の査定相場を比較したいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っている高級車の査定相場が分かりますし、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという車買取業界では新しいサイト。

    オークション型で約2000社の車買取業者が概算価格を入札するので、高級車を高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    高級車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちの高級車の査定相場ってどれくらい?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った提携業者だけが登録していますので、しつこい営業を受けることはありません。
    車買取業者から電話があった時はすぐに即決することなく、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちの高級車であっても高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者が高級車の見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきた高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社が愛用の高級車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、複数業者に査定のお願いをして数年間乗った高級車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポート体制も充実していますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取の専門店。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車のみで1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の高級車を売るなら他の買取業者より高く売ることができる可能性があります。
    ですので、ドイツ車やフランス車、アメリカ車などの高級車を高く売りたいのであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サービスを使って買取査定額を比べてみてください。

    いろんな買取業者に査定をしてもらった後で、最終的に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大事に乗ってきた高級車を売りましょう。







    手持ちの車を買い取りに出すときに、その車の車検がまだ1年1ヶ月以上残った状態ならば、買取店舗によっても幾らか変わるでしょうが、だいたい数万円ほど見積金額が上乗せされます。

    車検が残り1年以下の場合には幾分残りがあったとしても見積もりに影響を及ぼしません。

    残りの車検が長い方が査定に良い影響を及ぼすといっても、売却予定になってから車検を行っても車検を実施する費用以上の金額が査定金額に足されて得することは無いのですから、わざわざ手間暇かけて直前に車検を実施しておく利点は何も無いのです。

    ウェブ上の中古車一括査定サイトの中には、名前を明記しなくても査定をお願いできるものもあるのです。

    査定金額が幾らぐらいになったかを知るために結果を知る連絡手段だけは記載しなければなりませんが、誰しもむやみに個人情報は教えたくないでしょうから、有用なサービスと言えます。

    さらには、連絡先も教えずに相場を簡単に知る方法もあります。

    それは、メーカーのサイト上で車種や年式などを入力することで、今のその車の相場の概算を知ることが可能です。

    そうは言っても、本当にだいたいの値しか出ないので、大して参考になったという意見はないですね。

    売却予定の車を査定する基準というのは、車の内外の装備の状態や年式、走行距離や事故歴の有無などを調べます。

    これらチェック項目のうち、車の内装や外装に関しては、査定に行く前に入念に清掃することで多少なりとも査定金額はアップするでしょう。

    事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、はじめから正直に答えましょう。

    これら基礎となる基準をチェックしてから、その車種のオークションの相場金額を加えて判断し、売却予定者に提示する最終的な査定額を決めるのです。

    古い車を売却してから新車納入の日までに間が空くことも考えられます。

    週末ドライバーならあまり気にならないかもしれませんが、仕事や通勤などで車が必須であればやはり代車手配ということになるでしょう。

    けれどもすべての中古車取扱業者が代車手配をしてくれるわけではないので注意が必要です。

    次の車の納車まで間が空きそうなら、売買契約をする前に代車を用意してくれるのかどうかを会社ごとに聞いておくと良いでしょう。

    車を売ろうと思った時点でいろいろ準備しておくと、いざ査定というときにバタバタすることもなく、高い値段で引き取ってもらえる可能性が高まります。

    準備というと大げさな気がしますが、車内外の掃除は不可欠です。

    それと、いわゆる改造車(パーツ交換した車)であれば、純正パーツを保管してあるのなら本来の姿に戻しておくべきです。

    メーカー純正パーツの車というのは買取り査定ではプラスの査定がつく傾向にあります。

    また、スピーディーな売却を求めるのでしたら、売却先を決める前に契約時に要求される書類を用意しておくと手続きがスムースです。

    パジャマ姿でも外出先でも時と場所を選ばず見ることができるのがネット上にある中古車買取一括査定サイトです。

    車で直接行っても時間がかかる複数店舗の査定金額を、たった数分の入力で入手できるので、高値で売却しやすい点が好評です。

    ただ、ひとつだけ不自由に感じるところがあります。

    時間があったので深夜に査定サイトに登録したら、夜間受付や24時間OKという業者から夜中にもかかわらず営業電話が殺到することがあるからです。

    勤務中にかかってくるのも困りものですし、無難な連絡先を指定すると良いでしょう。

    もうすでに自動車を売ってしまっているのに、買取業者から瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金を下げられたり、契約解除を言い渡してくる事がなきにしもあらずです。

    万が一事故や故障などで修理した履歴があるのに隠していたのならば売る方が責任を取るのが普通ですが、査定スタッフが見落とししていたことに起因するものであれば自分が非難される筋合いはないでしょう。

    業者が納得いかない言い分を通そうとしている場合には、消費生活センターや国民生活センターなどへトラブルが起きていると話してみると個人で悩むより数倍早く解決できるはずです。

    自分で自動車を持っていると、使用しているいないに関わらず維持費用はかかるのです。

    車検費用は2年に一度、毎年の自動車税、任意で加入する自動車保険料も馬鹿になりません。

    更にいうならば、持ち家でなかったとしたら、駐車場の料金もかかってくるのです。

    車を売ろうかやめようかと考え中の場合、多額の維持費を支払ってでも車を所有する必要性があるのかどうかという見方で考えてみれば、どうした方が最善かという結論を導きやすいでしょう。

    基本的に自動車の査定時において、キズや凹みが目立ってしまうと査定額がダウンするのは避けられませんね。

    このような場合、自分の判断で修理するのはあまり勧められませんね。

    それなりに自動車修理の腕前を持っている人でもない限り、パッと見た際にはキレイに見えたとしても専門家の目で見たら綺麗には直っていない事もままあるからです。

    自己流の修理ではいけないからと言って、売る前にきちんと修理をお願いした方が良いということではないのです。

    きちんと修繕するために使った金額以上に査定額がプラスされることはなく、結果的に自分が損をしてしまうだけだからです。