トップページ

    このサイトでは高級車の査定額を比較して高く売るためにおすすめの一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「高級車の査定相場を比較して高く買い取りをしてくれる業者に売りたい!」と感じている場合はこのページで紹介しているおすすめの一括査定サイトを利用してみてください。

    高級車を高く売るためにやるべきことは「複数の車買取店で査定の依頼をして査定額を比較する」ということです。1つの業者だけとか近所のディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。

    中古車の一括査定サイトならサクッと入力完了するのでカンタンです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することが可能なので、自分で1社1社調べるよりも高級車の査定額を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社に高級車の査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    勿論、全国対応で使うのはタダ。

    「高級車の査定相場を比較したいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っている高級車の査定相場が分かりますし、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという車買取業界では新しいサイト。

    オークション型で約2000社の車買取業者が概算価格を入札するので、高級車を高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    高級車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちの高級車の査定相場ってどれくらい?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った提携業者だけが登録していますので、しつこい営業を受けることはありません。
    車買取業者から電話があった時はすぐに即決することなく、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちの高級車であっても高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者が高級車の見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきた高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社が愛用の高級車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、複数業者に査定のお願いをして数年間乗った高級車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポート体制も充実していますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取の専門店。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車のみで1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の高級車を売るなら他の買取業者より高く売ることができる可能性があります。
    ですので、ドイツ車やフランス車、アメリカ車などの高級車を高く売りたいのであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サービスを使って買取査定額を比べてみてください。

    いろんな買取業者に査定をしてもらった後で、最終的に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大事に乗ってきた高級車を売りましょう。







    車の査定の仕事をする場合に持っていなければならない国家資格はありませんが、国家資格の代わりに国が推奨する民間の資格として中古自動車査定士があります。

    中古自動車査定士の資格は日本自動車査定協会によって認定されるものであり、大型車、小型車の二種類存在しています。

    半年以上の実務経験があることが必要ですし、学科や技能試験もパスしないと資格取得が叶わないので、この中古自動車査定士の資格所持者は、車の査定の腕前が一定以上であることを証明してくれるはずです。

    中古車の査定額の基準はいろいろあります。

    その中でも、その見積金額に大幅に影響を及ぼすのが走行距離です。

    一般的には、走行距離が伸びるにしたがって、査定金額は低下していくのです。

    5万kmを越えて走行している車は一般的に多走行車と呼んでいて、査定額をダウンする原因となることが多くあります。

    総走行距離が10万キロを越えた場合には過走行車という扱いを受け、査定金額がつかない場合も多いです。

    車を売りに出したいと思い付いたときに最良の方法として、中古車の無料一括査定サイトを使うことが効果的な選択です。

    数多くの企業の見積額をいっぺんに比べることが可能ですから、ひとつひとつの会社に見積もりを出してもらわなくても最高額を示してくれる店をピックアップする事ができてしまうのです。

    もちろん、さらには自分が持っている車の価値が概ね今のところどの程度なのかを一瞬にして知ることが可能です。

    大掃除とばかりに徹底的に車内をきれいにしたり、あらかじめ洗車しておいたところで、見積額がプラスになることはありません。

    持ち主が行う程度の清掃であれば、後々業者の手で行うことも可能なのですから、無理もありません。

    にも関わらず清掃が推奨されるのには理由があります。

    査定時に車がきれいだと、気持ち良く値付けが出来ます。

    車の値付けや取引をしているのは人間ですから、第一印象が取引にプラスの効果を与えることは充分考えられます。

    売却を前提に業者に車の査定を申し込む場合、所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。

    ただし、業者が決まって売却するにあたっては、車検証や自賠責保険証、納税証明など複数の書類を整えなければいけません。

    売却するのが普通乗用車なら実印と印鑑証明書が不可欠ですし、姓の変更があった場合や現在の住民票の住所とその他の書類の住所が異なる際は、それを証明する書類が追加されます。

    売却の意思が堅いのでしたら時間があるうちに書類を揃え始めたほうがあとあと楽でしょう。

    たとえ車そのものは綺麗でも走行距離が10万キロを超えるとなると、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、売却見積もりを依頼してもタダ同然になることが多いです。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    そういったケースでは一般の中古車屋ではなく、専業で事故車や過走行車などの買取売却を手がけている買取業者に相談したほうが値がつきやすいです。

    買取り先を探すのが面倒なら下取りにすれば手間も要りませんし、ディーラー側は「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。

    「契約書」に書かれている内容を充分に理解して契約すると言うことは、車売却時に限定したことではなくていろいろな売買契約を行う際に非常に重要になってきます。

    サインと捺印をすれば、契約書の内容は全部法律的な効力を持ったことになるのです。

    契約書に書かれている自動車の状態は正しいか、お金に関するところで分かりにくい記載はないか、充分に丁寧にみていくことが大切です。

    少しでも不安に思ったら自分が納得するまで担当者に相談したり質問したりすることも重要になってきます。

    自分の持っている自動車を売りに出す前にキレイに洗っておくことは、直接的ではありませんが幾らかでも高額に見積もってもらいたいと考える全ての人に実行してもらいたいことです。

    車がキレイに洗車してあってもなくても、査定額はそうそう変化するものではないのです。

    でも、愛車を丁寧に扱うオーナーであると言うことをアピールする材料となるのです。

    車を雑に扱っていた人よりも買取会社は信頼感がアップするでしょうから、見積もりアップも狙えるというものです。

    当たり前の事ですが、自動車を買う人が多い季節は、自動車を売却する人にとっても自動車を高く売るチャンスですね。

    車を買いたいという需要がアップすればするほど供給も必要になり、当然のように買取金額も上昇します。

    一般的に会社の決算月である3月と9月はその他の時期よりも販売店側は車を売ることに真剣になっているので、上手く交渉すれば査定額を高く買い取ってもらうことも可能でしょう。

    さらに9月は、夏のボーナスが出てから時間も経っていないため順調な売れ行きを見せることが多いため売り時と言えるでしょう。