トップページ

    このサイトでは高級車の査定額を比較して高く売るためにおすすめの一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「高級車の査定相場を比較して高く買い取りをしてくれる業者に売りたい!」と感じている場合はこのページで紹介しているおすすめの一括査定サイトを利用してみてください。

    高級車を高く売るためにやるべきことは「複数の車買取店で査定の依頼をして査定額を比較する」ということです。1つの業者だけとか近所のディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。

    中古車の一括査定サイトならサクッと入力完了するのでカンタンです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することが可能なので、自分で1社1社調べるよりも高級車の査定額を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社に高級車の査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    勿論、全国対応で使うのはタダ。

    「高級車の査定相場を比較したいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っている高級車の査定相場が分かりますし、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという車買取業界では新しいサイト。

    オークション型で約2000社の車買取業者が概算価格を入札するので、高級車を高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    高級車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちの高級車の査定相場ってどれくらい?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った提携業者だけが登録していますので、しつこい営業を受けることはありません。
    車買取業者から電話があった時はすぐに即決することなく、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちの高級車であっても高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者が高級車の見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきた高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社が愛用の高級車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、複数業者に査定のお願いをして数年間乗った高級車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポート体制も充実していますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取の専門店。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車のみで1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の高級車を売るなら他の買取業者より高く売ることができる可能性があります。
    ですので、ドイツ車やフランス車、アメリカ車などの高級車を高く売りたいのであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サービスを使って買取査定額を比べてみてください。

    いろんな買取業者に査定をしてもらった後で、最終的に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大事に乗ってきた高級車を売りましょう。







    特別な乗り方をしていなくても普通に付いてしまう少々の傷やへこみ等は、買取査定時にマイナスされない場合が大半ですし、あまり気にすることはありません。

    触ったときに明らかに引っ掛かる程度のキズや目でハッキリ分かるへこみがある場合、それから塗装がはげていたりすれば査定時に減額されますが、査定が低くなるのを避けるために個人で直したとしても修理費以上に査定額がアップされることにはなりません。

    ご存知の方もいるかもしれませんが、車の買取において、業界大手の会社と中から小規模の会社では査定スタンスが少々違ってきます。

    大企業は資金力にも恵まれていますし、買い取った車は専用の販売ルートでさばくことができるので、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

    他方、社で決められた基準の範囲内でしか買取価格を上下することができず、提示された価格に対して交渉できる可能性はあまりありません。

    その一方で、中小の買い取り店舗は一車種毎にオークションで販売していく方式をとることがほとんどのため、中古自動車査定士の独自の判断で高値が付きそうだと思えば見積もりがアップする可能性が大きいのです。

    中古車専門の買取会社の中には沢山の種類があって、軽自動車や事故車、輸入車など特定ジャンルの車の販売を得意としていたり、若しくは専門的に販売している店舗が存在します。

    たとえば買取希望の車種が軽自動車の場合、やっぱり軽の販売専門の業者の方がきっと高値を付けてくれるはずです。

    このような特定ジャンルに特化した業者は一括査定サイトを利用した際に、そのほかの買取専門店よりも査定額が幾分高く表示されますので、その点で他と判別することができるのです。

    中古車屋から車の買取料の入金があるのは、正式に売買契約をしてから早くて数日、遅くて1週間といったところです。

    担当者が査定に来て、その日のうちに契約を決めても、ひとつでも書類や印鑑などが欠けていたら契約締結には至らず、ただ「約束した」だけになります。

    できるだけ早めに振り込んでほしい場合は、中古車買取業者に査定に来てもらう以前に必要書類を集めておくと良いでしょう。

    必要な書類は軽自動車と普通乗用車の場合とで異なりますから、業者のホームページなどで確認しておくことをお勧めします。

    買い替えで下取りということになれば次の車が届くまでは古い車に乗り続けることができます。

    しかしながら下取りに出す代わりに自分で買取業者を見つけて売却する時は、多少なりとも空白期間ができることもあります。

    代替交通機関がないときは、実車査定の段階以前にあらかじめ契約には代車があることが不可欠であると伝えておかなければなりません。

    業者によっては台数が限られていたり、もともと用意していないところもあるため先に確かめておかないとあとになって困ることになります。

    高級車のイメージがある輸入車ですが、国産車よりも買取査定時の値崩れが大きいといわれますがなぜでしょうか。

    外車は日本での普及台数が日本車とは比較にならないほど少数で、市場で安定したニーズがあるとは言い難く、業者や地域による差が出やすいのです。

    それでも処分したいと思うのであれば、同じ条件で複数の買取業者に買取り価格の見積りを出してもらうことが有効でしょう。

    ウェブの一括査定サービスなどを活用すると、ほんの少しの手間と時間だけで複数の買取店の査定額を集めることが可能です。

    同時に多数の車買取会社のスタッフに出張査定予約を入れて、時を同じくして中古車を査定してもらうことを「相見積もり」といいます。

    「相見積もり」を依頼する長所と言えば、その場に居る査定スタッフ同士が価格競争をして見積額の引き上げを狙えることでしょう。

    買取業者の中には相見積もりをしたがらないところもありますが、嫌がらずに引き受けてくれる買取会社は車購入の意思が大きく、査定額が業者間でつり上がることを期待しても良いでしょう。

    相見積もりは車をなるべく高く売るために有効な手段です。

    それまで乗っていた車を新しい車に買い換える場合、古い方の車に値段をつけ、売却代金に充当するのがディーラーによる下取りです。

    購入した店で引き取ってくれて、しかも新車は割引になるので、わざわざ別の中古車買取店に売るのと違い、単純に考えても手間は半減しますし、気楽という点ではこれ以上の方法はありません。

    けれども、ディーラー下取りと中古車屋の買取を金銭的な損得で比較すると、業者に買い取ってもらうほうが高い値段がつくといった違いがあります。

    同じ処分するのでも安いと高いでは気分も違います。

    高額査定を期待するのでしたら少々手間をかけてでも買取業者に査定してもらったほうが良いでしょう。

    過去に事故を起こした車や過走行車と呼ばれる総走行距離が10万キロ超の車の場合、中古車市場では敬遠される対象なので満足な値段がつかないことも珍しくありません。

    しかし諦めるのはまだ早いです。

    廃車(永久抹消登録)にして「鉄代」を解体業者から受け取る方法もありますし、そのような車を専門に扱う業者に査定を依頼する方法があります。

    専門業者ならではの方法で再利用可能なパーツごとに値つけをしてくれるため、引き取れないと言われることはまずありません。

    専門業者と廃車ではそれぞれ異なるメリットがあるので、結果的にトクする方を選んでください。