トップページ

    このサイトでは高級車の査定額を比較して高く売るためにおすすめの一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「高級車の査定相場を比較して高く買い取りをしてくれる業者に売りたい!」と感じている場合はこのページで紹介しているおすすめの一括査定サイトを利用してみてください。

    高級車を高く売るためにやるべきことは「複数の車買取店で査定の依頼をして査定額を比較する」ということです。1つの業者だけとか近所のディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。

    中古車の一括査定サイトならサクッと入力完了するのでカンタンです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することが可能なので、自分で1社1社調べるよりも高級車の査定額を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社に高級車の査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    勿論、全国対応で使うのはタダ。

    「高級車の査定相場を比較したいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っている高級車の査定相場が分かりますし、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという車買取業界では新しいサイト。

    オークション型で約2000社の車買取業者が概算価格を入札するので、高級車を高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    高級車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちの高級車の査定相場ってどれくらい?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った提携業者だけが登録していますので、しつこい営業を受けることはありません。
    車買取業者から電話があった時はすぐに即決することなく、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちの高級車であっても高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者が高級車の見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきた高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社が愛用の高級車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、複数業者に査定のお願いをして数年間乗った高級車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポート体制も充実していますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取の専門店。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車のみで1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の高級車を売るなら他の買取業者より高く売ることができる可能性があります。
    ですので、ドイツ車やフランス車、アメリカ車などの高級車を高く売りたいのであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サービスを使って買取査定額を比べてみてください。

    いろんな買取業者に査定をしてもらった後で、最終的に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大事に乗ってきた高級車を売りましょう。







    自分の車を高値で売却するために車の買取店と価格交渉をするときに重要なのは、自分から安易に具体的な金額を言ってしまわないことですね。

    相場価格を事前に確認しているのならまだ良いのですが、チェック済みではないのならば相場よりも低めの価格を希望金額として提示してしまう可能性が高くなるので、このようなときには絶対損をします。

    査定金額についてちょっとでも業者と交渉しようと考えているならば、交渉する前にはきちんと下調べして相場を把握しておかないといけませんね。

    事故車などの修理の履歴は、もし嘘をついて中古車買取の査定に出したとしても査定スタッフには嘘だと直ぐにバレます。

    事故や故障での損傷が軽く、完璧に修理されているならば「修理車」のカテゴリーに含めないケースもあるので、正直にハッキリと伝えた方が無難です。

    事故歴などが要因になって、もしも多くの店舗で同じように買取金額がゼロ円になってしまうと言われた場合には、事故や故障車に特化した買取業者で見積もりを出してもらうと良い結果が生まれるかもしれません。

    中古車買取の業者が出してきた査定金額に自分が納得できなかったときに、売るのを止めても特に問題は発生しません。

    多くの業者に見積もってもらって一番高い査定額を表示してくれた店舗で実際に売る方が良いといえるでしょう。

    でも、契約書を交わしてからのキャンセルを行うことは不可能か、キャンセル可能でも賠償金が発生する場合がほとんどです。

    損害賠償などの決まりに関しては契約書に書かれているはずですので、きちんと契約書を読んでからサインすることが重要になってきますね。

    溝が減ってスリップサインが見えるほどになっても、買取業者に見せる前に新しいタイヤに履き替える必要はないでしょう。

    いかなるタイヤであれ消耗品であることに違いはありませんし、中古車販売店の方で今の流行に合ったタイヤにつけなおして売るのが極めて普通に行われているからです。

    ですから、見積額への減点査定は所有者が思っているほどは「ない」ということです。

    タイヤを新品に替えたとしても査定でトクをすることは、まずないと覚えておいてください。

    よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、夏のボーナスのあとで暑さが落ち着いてきた9月は比較的高額商品の売れ行きが良く、自動車もよく売れます。

    業者の意図としては売れ行きが好調なときはもっともっと商品が欲しいと思っています。

    ですから査定金額も自然と上向きになります。

    いつまでに売らなければいけないというリミットがないなら、9月というのはまさに売り時です。

    逆に決算終了後の4月には査定額が低調ですので避けた方が無難です。

    中古車買取業者に車の査定を頼むと、たいていの業者は無償でしてくれます。

    けれども買い替えでディーラーによる下取りが行われる場合には、あとで査定手数料をとられていたことに気づいて憤慨することにもなりかねません。

    査定手数料は現金で支払うことはなく下取額から引くのが普通ですが、中古車買取業者のときと同じ気持ちでいると、費用面のことは失念しやすいですから、契約書にサインする前に査定手数料は必要なのかを念のために確認するようにしてください。

    査定手数料をとる場合でも事前交渉によっては無償にしてくれることもあります。

    同時に多数の車買取会社のスタッフに出張査定予約を入れて、時を同じくして中古車を査定してもらうことを「相見積もり」といいます。

    相見積もりによるメリットは、皆に価格競争をしてもらって査定額を引き上げることです。

    中には相見積もりを依頼すると嫌悪感をあらわにする業者もいますが、さほど相見積もりを嫌がらない業者は購入意欲が高い会社が多いようで、買取業者間の査定額競争が激しさを増すと予想されます。

    相見積もりは車をなるべく高く売るために効果が高い方法といえますね。

    見た目は遜色なくても事故歴のある車だとか多走行車を優に越える走行距離10万キロ超の過走行車などは、売却のために査定に来てもらってもタダ同然の価格になってしまうのがほとんどです。

    中古車屋への売却が不可能となると、残された道は2つです。

    廃車(永久抹消登録)にして「鉄代」を解体業者から受け取る方法もありますし、そのような車を専門に扱う業者に査定を依頼する方法があります。

    その場合は使える部品や部位については値つけをしてくれるため、引き取れないと言われることはまずありません。

    廃車にする労力やコストを考えた上で金額的にも自分自身がこれならいいと思う方法を選ぶことが大事です。

    何ヶ月くらい残っているかによっても事情は異なりますが、自動車車検は見積価格を左右することがあります。

    車検切れの自動車よりも、もちろん残りがある方が高く評価して貰えます。

    有利とは言っても、車検の残り期間が1年以上なければ査定価格アップをそれほど期待できません。

    車検期間が短いと査定アップしないからといって、売却前に車検を通すことは無意味であると言って良いでしょう。

    車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、前者の方が高く付くケースが多いため結果的に損をしてしまう可能性が高いのです。