トップページ

    このサイトでは高級車の査定額を比較して高く売るためにおすすめの一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「高級車の査定相場を比較して高く買い取りをしてくれる業者に売りたい!」と感じている場合はこのページで紹介しているおすすめの一括査定サイトを利用してみてください。

    高級車を高く売るためにやるべきことは「複数の車買取店で査定の依頼をして査定額を比較する」ということです。1つの業者だけとか近所のディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。

    中古車の一括査定サイトならサクッと入力完了するのでカンタンです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することが可能なので、自分で1社1社調べるよりも高級車の査定額を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社に高級車の査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    勿論、全国対応で使うのはタダ。

    「高級車の査定相場を比較したいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っている高級車の査定相場が分かりますし、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという車買取業界では新しいサイト。

    オークション型で約2000社の車買取業者が概算価格を入札するので、高級車を高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    高級車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちの高級車の査定相場ってどれくらい?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った提携業者だけが登録していますので、しつこい営業を受けることはありません。
    車買取業者から電話があった時はすぐに即決することなく、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちの高級車であっても高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者が高級車の見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきた高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社が愛用の高級車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、複数業者に査定のお願いをして数年間乗った高級車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポート体制も充実していますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取の専門店。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車のみで1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の高級車を売るなら他の買取業者より高く売ることができる可能性があります。
    ですので、ドイツ車やフランス車、アメリカ車などの高級車を高く売りたいのであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サービスを使って買取査定額を比べてみてください。

    いろんな買取業者に査定をしてもらった後で、最終的に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大事に乗ってきた高級車を売りましょう。







    中古車の見積もり金額には、車の色もかなり重要になってきます。

    定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、査定額が高めに出る傾向があります。

    それとは逆に赤や黄色などの原色系は人によって好みが分かれてしまうので、査定時にマイナスされる傾向が出てきます。

    原色系は嫌われやすいと言っても、車の見積金額は中古車オークションの相場のタイミングによって変動するものなので、その時の流行によってある一定の色が査定で高値が付くことも充分考えられるのです。

    車を売却する際に販売店との間で起こるかもしれないトラブルには何点か考えられますが、それらの中には非常に悪質と言えるケースも存在するのです。

    見積金額を提示したので車を手放すと、その後になって、ふたたび確認したら問題になる箇所が出たなどといわれてかなり売却額を引き下げられることもあるのです。

    最も悪質と思われる業者の場合は、自分の車だけ取られてお金が入ってこないケースも実際にあるのです。

    このような事案に自分が遭遇してしまったら、泣き寝入りせずに直ちに消費者生活センターなどに行ってください。

    程度にもよるので一概にはいえませんが、煙草臭が売却予定の車の中に漂っている場合には査定時に減額されるでしょう。

    タバコを吸っていたことが明らかに分かってしまう車は、禁煙車を希望している人には確実に売れないからです。

    これらのたばこ臭さの元凶になっているのは、車中のどこかに付いているヤニ汚れです。

    売却する前にその車を一生懸命に掃除してあげれば、タバコの臭いを抑えることに成功するでしょう。

    まだローンの残っている車を売る際は、残債を払ってしまわないと売却できません。

    なぜなら返済中の車はローン会社のものであり、実際の所有者名義もローン会社であることが一般的だからです。

    売る際に残りの債務を払い終えてしまえるようでしたら問題ないものの、それが無理なら決定した査定額を使って自動車ローンの残額の支払いに充当するという方法をとれば大丈夫です。

    ローン会社の承諾を得れば可能という条件つきですが、その場合は残債がないときと比べると手続きは複雑です。

    買取業者による実車査定は、雨の日や夜にしてもらう方が良い査定が得られると一般に言われています。

    暗くて反射光も少なく車体が見にくいため、査定士が気づかず減点されずに済むからというのが理由です。

    けれども実際にはそんなことより、時間を問わず短期間に一社でも多く見積りに来てくれたほうが良いに決まっています。

    来たからには見積りに勝って契約をとりつけて帰りたいという競争心が働きますし、全体的に提示金額が高くなるというメリットがあります。

    できるだけ多くの買取業者に見積りを出してもらうことは、中古車を高く売るための基本です。

    実際に何社以上の見積りをとれば良いのかと聞かれると、交渉次第というところもあって単純には決められません。

    一社にしないで複数の買取業者に見積もらせる意義は何かというと、比較検討するためと、相見積りという状況でできるだけ高額の査定を引き出すためです。

    これらの点を踏まえれば、複数というのは何十社でも数社でも問題ないのですが、査定額には有効期限があるので長期化は禁物です。

    全部が全部という訳ではありませんが、自動車を売却したお金は課税対象となることがあるのです。

    所有者が個人だった自動車であり、通勤専用車であれば所得税の対象にはなりません。

    日常やレジャー等の用途で使っていた場合には、課税対象になり、所得税の支払いをするようになるかも知れません。

    具体的な数字を言うと、車を売ったお金が買ったお金より50万円以上上回った時です。

    仕事でも使っている車体を売却するときには、また別途違う決まりがあるので、わからないときには確定申告をするときに税理士などに質問して後からトラブルにならないようにすべきでしょう。

    一般的に中古車を見積もりする場合には、キズや凹みが目立ってしまうと査定額がダウンするのは避けられませんね。

    このようなときに、自己流で修理してしまうのはあまり良い方法ではないのです。

    自動車修理の技術が優れていなければ、パッと見た際にはキレイに見えたとしてもプロの目からすれば綺麗に見えないこともあるからです。

    自己流の修理ではいけないからと言って、売る前にきちんと修理をお願いした方が良い訳ではないので勘違いしないようにしましょう。

    プロの腕で修理した費用分以上に見積額が高くなるとは考えられず、最終的には損をする結果になってしまうのが明白だからです。

    買取業者に行って自動車を売却する際には、故障している箇所があるのならば正直に業者に伝えるべきです。

    申告は必要ですが、査定する前に修理しておくことはお勧めできません。

    どの程度故障しているかによっても評価が違ってきますが、それでも前もって修理に出しておくことはかえって得にならないことがほとんどなのです。

    買い取った後でお店側が修理に出すときにかかる費用と個人で修理に出したときのお金では、業者が修理を依頼する方が大幅に安いです。

    こう言うわけで、修理にかかった費用以上に査定額に反映された金額が上回ることはないのです。