トップページ

    このサイトでは高級車の査定額を比較して高く売るためにおすすめの一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「高級車の査定相場を比較して高く買い取りをしてくれる業者に売りたい!」と感じている場合はこのページで紹介しているおすすめの一括査定サイトを利用してみてください。

    高級車を高く売るためにやるべきことは「複数の車買取店で査定の依頼をして査定額を比較する」ということです。1つの業者だけとか近所のディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。

    中古車の一括査定サイトならサクッと入力完了するのでカンタンです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することが可能なので、自分で1社1社調べるよりも高級車の査定額を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社に高級車の査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    勿論、全国対応で使うのはタダ。

    「高級車の査定相場を比較したいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っている高級車の査定相場が分かりますし、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという車買取業界では新しいサイト。

    オークション型で約2000社の車買取業者が概算価格を入札するので、高級車を高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    高級車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちの高級車の査定相場ってどれくらい?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った提携業者だけが登録していますので、しつこい営業を受けることはありません。
    車買取業者から電話があった時はすぐに即決することなく、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちの高級車であっても高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者が高級車の見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきた高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社が愛用の高級車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、複数業者に査定のお願いをして数年間乗った高級車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポート体制も充実していますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取の専門店。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車のみで1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の高級車を売るなら他の買取業者より高く売ることができる可能性があります。
    ですので、ドイツ車やフランス車、アメリカ車などの高級車を高く売りたいのであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サービスを使って買取査定額を比べてみてください。

    いろんな買取業者に査定をしてもらった後で、最終的に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大事に乗ってきた高級車を売りましょう。







    車の査定は夜や雨の日に申し込んだ方が得策といわれることがあって、見積額が少々上がるという噂があります。

    当たり前かもしれませんが夜は暗いですし、雨だと水滴のせいで外装の汚れや傷などが分かり難くなるというのが夜間などに査定依頼すべきだとの根拠になっています。

    そうは言っても、視界が良くない云々で査定額がアップするほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。

    それどころか、万が一見落としていた場合のことを考慮して、普段よりも幾分低い査定をされてしまう可能性だってあるのですよ。

    ウェブ上の中古車一括査定サイトを使うときのにデメリットになることは、依頼した中古車買取会社から一度に電話攻勢が始まることでしょう。

    自分からサイトを利用してアプローチしたわけですから、仕方ないと言ってしまえばそれまでですが、ストレスがたまるほどしつこく何度もかかってくるときには、自分の車を実際に売ろうとしていなくてもすでに手元に車はないと言ってしまうのが結局一番上手な電話攻勢の回避方法だと言えます。

    オンラインで自分の車の価値を査定することができますが、それは、詳細な査定基準ではなく簡易的に見積もりを出したまでです。

    同じ年式の同じ車種だったとしても、個々の車によって状態は違って当然ですから、具体的な実際の査定金額は車を目の前で査定しないことにはなんとも言えません。

    このような事情から、Webで確認した査定相場と同一の金額が必ず実際の現場で表示される訳ではないので、気を付ける必要があるでしょう。

    消費(購入)が専門と思われがちな国民生活センターですが、中古自動車に関連した相談が寄せられています。

    この何年かは中古車買取業者についての相談は右肩上がりに増えています。

    内容的に多いのは、ネットの一括見積りサイトを通じて査定依頼したら、電話勧誘が鳴り止まない、勝手に査定に来ていて驚いた、違法ではないのかといった相談です。

    泣き寝入りすることのないよう、トラブルに遭ったら、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談するようにしましょう。

    年式を問わず車体の外装のキズ、へこみ、塗装剥がれ(浮き)は、中古車買取業者の査定士によって隅々まで確認されるのが普通です。

    あからさまに分かるキズはマイナス点となり見積額に響いてきますが、洗車時に間近にじっくり見ないとわからないレベルの傷はチェックはされるものの、査定額への影響はほとんどないようです。

    時々、査定前に修理すべきかと質問されることがあります。

    しかし修理代のほうが査定額のプラス分を上回り、トクをするケースはほとんどないというのが実情です。

    業者は大量発注で安い費用で修理できますし、あえて傷ごと業者に委ねた方がトータルでプラスになります。

    査定に訪れた業者から高額査定を引き出す秘訣は何だと思いますか。

    ただヨロシクお願いしますではいけません。

    金額さえ満足なら即決してもいい位の意思がある旨をアピールすることです。

    業者も商品の引取日がわかれば今後の販売プロセスがほぼ本決まりとなるため、こちらからの価格上乗せ交渉が比較的うまくいくわけです。

    年間走行距離数1万キロメートルというのが、自動車業界が標準的だと考えている基準値です。

    但し、この数値はあくまで目安ですから、旧型の自動車の場合には大抵の場合年間走行距離数はもうちょっと短いのが通常の考え方です。

    車売却の際にはなるべく走行距離が少ない方が査定額は高くなります。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないと却って不調になることが多いのです。

    走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、単純に走行距離数が少ない方が査定額アップが大きいとは言えなくなってきます。

    乗っていなくても所有しているだけで維持費がかかってしまうのが自家用車です。

    公共の交通機関が自宅周辺に沢山あって、車がないことで相当の不便がなければ売却することで家計がかなりスマートになるでしょう。

    自動車を維持するための費用の内訳を見てみると、二年に一度の車検代や毎年かかる自動車保険や自動車税、アパートなどなら駐車場代も別にかかるケースがほとんどでしょう。

    これらの合計を出すと、意外に高くて年間数十万円にも達することだってあるのです。

    年間を通して一律なのではなくて、企業の決算月やボーナスが出たときなど、中古車を通常よりも高値で売りやすいタイミングはあるのです。

    中古車市場での需要が高まる季節にはつられて買取金額の相場もアップします。

    そうは言っても、愛車を手放そうと考えたときが決算やボーナスの時期と大分離れていた時には、その時期が来るまで待った方が良いとは言いきれません。

    売る時期が遅くなればなるほどに車の年式は上がっていきます。

    相場上昇によって恩恵を被るよりも、年式が進むことによる価格下落幅の方が大きくなることだって多いに予想できるのです。