トップページ

    このサイトでは高級車の査定額を比較して高く売るためにおすすめの一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「高級車の査定相場を比較して高く買い取りをしてくれる業者に売りたい!」と感じている場合はこのページで紹介しているおすすめの一括査定サイトを利用してみてください。高級車を高く売るためにやるべきことは「複数の車買取店で査定の依頼をして査定額を比較する」ということです。1つの業者だけとか近所のディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。中古車の一括査定サイトならサクッと入力完了するのでカンタンです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することが可能なので、自分で1社1社調べるよりも高級車の査定額を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して利用できます。登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社に高級車の査定の依頼をしてもらえます。中古車一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。勿論、全国対応で使うのはタダ。「高級車の査定相場を比較したいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っている高級車の査定相場が分かりますし、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという車買取業界では新しいサイト。オークション型で約2000社の車買取業者が概算価格を入札するので、高級車を高額買取してくれる買取業者が見つけられます。一般的な車査定一括サービスであれば、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。高級車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。査定も電話も1度きりで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちの高級車の査定相場ってどれくらい?」と思っているなら利用してみてください。申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った提携業者だけが登録していますので、しつこい営業を受けることはありません。車買取業者から電話があった時はすぐに即決することなく、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちの高級車であっても高価買取の可能性が高くなります。約10社の業者が高級車の見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきた高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社が愛用の高級車を査定します。いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、複数業者に査定のお願いをして数年間乗った高級車を1円でも高く売ることをおすすめします。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポート体制も充実していますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取の専門店。外車・輸入車専門で17年の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車のみで1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の高級車を売るなら他の買取業者より高く売ることができる可能性があります。ですので、ドイツ車やフランス車、アメリカ車などの高級車を高く売りたいのであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サービスを使って買取査定額を比べてみてください。いろんな買取業者に査定をしてもらった後で、最終的に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大事に乗ってきた高級車を売りましょう。







    中古車買取専門店で査定金額を算出する場合においては、査定金額に大きく影響するのが走行距離です。

    基本的には、その車の走行距離が長くなるにつれてその車の査定額というのは下がってしまうものです。

    走行距離が5万キロメートルを越えてしまった車は通常「多走行車」という呼び名があり、中古車のマイナス査定に影響を及ぼし始めるケースがほとんどです。

    走行距離数が10万キロメートル以上の車は一般に過走行車といわれ、車によっては0円査定になる場合もあるのです。

    たいていの場合、中古車買取専門店においては、中古車の見積もりにかかる時間は待っているロスタイムを除いて15分かかるかかからないかです。

    それほど時間がかからないのは、その車種毎に今の時点でのオークションなどの平均相場を基本として前もってベースの査定額が決まっていて、その金額から走行距離および各パーツの状態を確認した後に、走行距離などに応じた減額、加算をしたら最終的な査定金額を導き出すことが可能だからです。

    WEB上で確認できる車の査定額は、一つ一つ詳細に査定しているわけではなく、あくまで簡易的に見積もった金額です。

    同じ車種の同じようなグレードでもその車ごとに状態は同じではありませんから、一台一台の具体的な見積額というのは車を目の前で査定しないことにはなんとも言えません。

    そういうわけで、ネットで前もって調べた通りの査定額が実際の売却時に提示されるとは限らないので、注意すべきと言えますね。

    年式を問わず車体の外装のキズ、へこみ、塗装剥がれ(浮き)は、中古車の売却査定の際にかならずチェックされるはずです。

    見てすぐわかるようなキズは当然ながら減点ポイントになりますが、舗装の巻き上げ等でつく小傷などはあまり査定には影響しないようです。

    時々、査定前に修理すべきかと質問されることがあります。

    しかし修理代を上回るほどの査定額アップは「十中八九ない」と断言できます。

    車の修理費は個人と法人(買取業者)で大きく違いますから、個人で高い修理費を払うよりそのまま買取に出したほうがトクなのです。

    到底直せないほどのダメージを受けた車は全損と言われますが、実際に全損には2種類の意味があります。

    修理しても車としての機能を取り戻せない物理的全損がまず挙げられますが、次に、経済的全損といって車両保険の給付金をもってしても修理費が払いきれない状態もまた全損と言います。

    一般に自動車保険の支払金額というものは、流動的な市場評価額を基準にどんどん変わっていきます。

    JAAI(日本自動車査定協会)が発行するデータブックを使い、保険会社は相場の現況を知るようにしています。

    保険会社の決めた額と実際の額に隔たりがあるようでしたら、きちんとした説明を求めるべきですし、改善してもらう点でもあります。

    あとで後悔しないために、中古車屋と売買契約を結ぶ際は必ずしておくことといえば、ずばり、「契約書の熟読」、ただそれだけです。

    不要なことは契約書に書かれていませんから、逆に言えば契約書の内容すべてが重要です。

    そして契約書は各自が署名捺印すれば「納得したもの」と見なされ、効力が生じます。

    口頭で説明されたとおりのことが契約書に記載されているか、ことに値段、手数料といった金額に関連した文言はしっかり目を通す必要があります。

    大まかな文章だけでなく細かい補足条件なども目を通してから契約書を交わすようにしましょう。

    中古車売買に於いて、車体の色は多いに査定額に影響します。

    定番色と言われる白や黒は安定した人気があるので、査定の際に金額がアップすることが予想されます。

    更に、定番カラーでもあるシルバーは車体の汚れがあまり目立たないという特徴があるので高い人気を誇っています。

    反対に、黒や白、シルバー以外の色となると、車の評価が高くなることは望めないでしょう。

    査定の際には流行っているボディカラーだったとしても、たいてい流行は一過性のもので、その車を買い取ってから売るまでの間に流行が終わっている可能性が高いからです。

    買取業者からの電話攻勢がすさまじくて面倒な思いをすることもあるでしょうが、何店かの買取業者から見積もりを取るのは車を高額で売るためには必要なことです。

    相場の知識がないと自分で業者と価格交渉する際に致命傷となりますし、沢山の買取業者から見積もりを集めるのが相場を知る一番の近道だからです。

    今売却を決めればいくらで買い取りできますよ、などという勧誘文句に騙されてすぐに売却を決めない方が良いです。

    早急に物事を進めないことが、なるべく高く車を手放すことができる最良の方法なのです。

    車を売却しようとしてよくある一括査定サイトなどに登録すると、やたらと営業電話がかかってきて驚きますし、度が過ぎれば対応しきれないこともあります。

    対応する手間と時間を省きたいのでしたら、同じ査定サイトでもメール連絡のみのところで登録することをおすすめします。

    強引な業者ともなれば夜中でも朝でも仕事時間中でさえも常識を無視した電話をしつこくかけてくる例も実際にあることですし、初めから電話連絡お断りにしておけばメールをチェックするだけでいいので、家族や仕事先に迷惑をかける心配もありません。